PAWAAAPP MAGAZINE

レコメンド主体の学習アプリ「PAWAAAPP」の開発日記

「@p」「@r」など、スマホ・スイッチで使える「セレクター」まとめ

コマンドを書く中で、「ターゲット」の入力が必要になることがある。「ターゲット」とはコマンドを実行する対象のことで、例えば /tell napoan こんにちは ならターゲットは「napoan」というプレイヤーである。

しかし、名前が分からない誰かや、プレイヤー以外のエンティティ(Mobを含む)をターゲットにしたい時はどうすればいいだろう。そこで登場するのが「セレクター」である。

 

@p

最も近くのプレイヤー1人がターゲットになる。コマンドをプレイヤーが実行した場合、実行した人自身がターゲットになる。
type引数は付けられない = プレイヤー以外は対象にできないので注意。

  • /kill @p - 実行した人がキルされる。

 

@r

単に@rとだけ書くと、ランダムなプレイヤー1人がターゲットになる。引数を付けることで、ターゲットの範囲を絞ることも出来る。
ただし、type引数を付けた場合はプレイヤー以外のエンティティを対象にできる。

  • /kill @r[m=s] - サバイバルモードのプレイヤーの誰か1人がキルされる。
  • /kill @r[type=zombie,r=10] - 半径10メートル以内にいるゾンビのどれか1体がキルされる。
  • /give @r[r=10] diamond 64 - 半径10ブロック以内の誰か1人にダイヤモンドを64個与える。

 

@a

全てのプレイヤーがターゲットになる。引数を付けて対象を絞ることもできる。type引数は付けられない = プレイヤー以外は対象にできないので注意。

  • /kill @a[m=s] - サバイバルモードのプレイヤー全員をキルする。

 

@e

プレイヤーを含めた、全てのエンティティがターゲットになる。プレイヤー以外のエンティティをターゲットにしたい場合は、基本的にこの@eセレクターを使う。

  • /kill @e[type=creeper,r=5] - 半径5ブロック以内のクリーパー全てをキルする。

 

https://www.napoan.com/bedrock-command-words-pickup/

より詳細な「座標」「エンティティID」などの用語の解説は、こちらの記事を参照してほしい。

記事の文章または画像を引用・転載する際や、アンテナサイトに掲載する場合は該当ページへのリンクをお願いします。記事を利用したことによる如何なる損害も管理人は責任を負いません。
© 2021 PAWAAAPP MAGAZINE / (プライバシーポリシー)